bien
グループホームとは?
グループホームのご案内
もえぎ運営理念
入居までの流れ
入居者募集
介護Q&A
会社概要
ブログ
第三者評価
職員用ページ
お問い合わせ
職員募集
東京都杉並区周辺の認知症高齢者グループホームをお探しの方へ。自然に囲まれ、交通の便も良い立地にあります。
トップページ 個人情報保護方針 サイトマップ
グループホームとは?
  [認知症介護の歴史]
   

日本における認知症(痴呆症)患者は団塊の世代が高齢者(65歳以上)になる2015年には250万人になると予想されています。有吉佐和子著「恍惚の人」はベストセラーになり、1970年代以降の高齢者問題をクローズアップさせました。ある日、痴呆状態となりすっかり別人格となった「恍惚の人・茂造」は小説の主人公でありながら何も発言しません。

家族は懸命に介護しますが振り回されて疲労困憊、悲劇の中に幕を閉じます。高齢化社会の到来と共に痴呆症高齢者は病院や施設に隔離拘束、薬漬けにされ、尊厳は保たれず、人間らしさとはおよそかけ離れた晩年を送らざるを得ませんでした。

1995年46歳のときにアルツハイマーを宣言されたオーストラリア政府の高級官僚クリスティーン・ブライデンさんは認知症患者の立場から発言を始めました。著書「私は誰になっていくの?」(2003年翻訳桧垣陽子)。「認知症になっても必要なときに適切な支援があれば、尊厳を保ちながらその人らしく暮らしていける」と述べています。

1985年頃北欧で生まれたグループホームが日本に上陸したのが1995年頃。2000年の介護保険スタートと共に本格的に普及し始め、今では認知症介護の特効薬とさえ言われています。

     
  [グループホームとは]
   

自宅と入居福祉施設の中間に位置し、家庭的な環境のもとで認知症の高齢者が共同生活(各ユニット9名)することにより、その進行を遅らせたり症状を和らげたりすることが目的の介護保険サービスの一つです。グループホームでは、その人の持っている力を存分に発揮しながら、その人らしくより豊かな生活が送れるよう、スタッフが黒子になって支援しています。

一定のルールやスケジュールなどで管理せず、食事作りや掃除、洗濯などできることは自分で、お互いに助け合いながら、自宅にいるのとそう変わりないごく当たり前の生活が送れるという、認知症の方にとっての暮らしの場となっています。

    *ユニットとは1つの共同生活住居の単位のことで、各階ごとに分かれています。
     
  ページのトップに戻る
  グループホームとは?グループホームのご案内入居までの流れ入居者募集Q&A会社概要お問い合わせ個人情報保護方針

Copyright © 2011 BIEN Co.,Ltd. All Rights Reserved.