杏林大学 医学部では、地域で暮らす人々の生活、健康、福祉、地域医療について理解する事を目的とした「地域体験学習」が行われています。その中の「高齢者との活動プログラム」の一環として、もえぎ三鷹上連雀では5/31~7/12まで毎週金曜日に実習生を受け入れています。

学生たちのはつらつとした姿には、ご入居者だけでなくSTAFFも元気をもらっています。

ご入居者にとって実習生は、御曽孫と同じ位の年齢。可愛くて仕方ないご様子で、皆様終始笑顔です。

何やらニコニコとお話し中。
みんなで折り紙。皆様の嬉しそうな表情が印象的でした。

実習生の姿を見ていると、自分が学生(実習生)だった頃の気持ちを思い出します。「初心忘るべからず」ですね。皆さんから教わる事も多々ありました。

今週末で実習が終わってしまうのは寂しくもありますが、皆さんの今後のご活躍を応援しています。

三鷹上連雀 吉村