本日は、三鷹の家庭菜園で栽培されている胡瓜を使用した料理を紹介します。

最初は、洋食メニュー☆和食人気が高いかと思いきや、洋食好きな方も多く大好評でした。

<献立>

ライス(精白米)・スープ(白菜、長ネギ、エノキ茸)・ビーフシチュー(牛肉、玉ネギ、ビーフシチュールー)・胡瓜のサラダ(青胡瓜、トウモロコシ、ロースハム)・蒸し焼売(エビシュウマイ、ポン酢醬油)

皆さま完食♬

お次は…冷やし簡単スピード(時短料理)メニューです。

<献立>

冷やしお茶漬け風おかゆ(白粥レトルト、茹で鶏むね肉、青胡瓜、錦糸玉子、青小葱、白だしなど)

さっぱりしていて、この暑さでも箸が進みます!!

家庭菜園で作っている胡瓜🥒、やはり採れたては美味しいですね。 一年中手に入る胡瓜ですが、旬は夏。身体を冷やす働きがあると言われ、薬膳料理でも用いられます。 またカリウムが豊富に含まれており、夏バテ防止にも効果的です(夏バテの原因の一つにカリウム不足があります。)旬な野菜には、季節に応じた役割があるんですね。

余談ですが、英語では“cool as a cucumber”という表現があります。直訳すると「胡瓜のように冷たい」ですが、“冷静な、落ち着いている”といった状態を表すときに使います。面白いですね。

まだまだ暑い日が続きます。しっかり栄養を摂り、この季節を乗り越えましょう。

調理 吉田