菜園ボランティアのHさんが6月に草刈りをしているときに発見。
様子を見守っていましたが、月末の風雨で親鳥が避難?、その間に卵は温度が下がったのではないか、とはHさんのご意見でした。
その後親鳥は戻って再度温めていました。7/2に話を聞いたスタッフが撮影。
無事に孵って元気な雛の姿を見せてください。
もえぎ西荻北 若王子