2月16日、天沼小学校にて開催された「認知症サポーター養成講座(主催:ケア24荻窪)」へ参加致しました。

4年生(総勢100名弱)を対象として、講義と寸劇で「認知症とはどんな病気なのか」そして「どんな対応をすれば良いのか」を学んで頂きました。もえぎのSTAFFは寸劇担当。日頃の認知症ケアを活かし、小学生にも伝わるよう認知症の人との関わり方を演じました。子供達から鋭い質問や感想も出て、非常に有意義な授業になったのではないかと思います。

今後もこのような取り組みがありましたら、積極的に参加したいと考えております。貴重な機会を頂きましたケア24荻窪の皆様、天沼小学校の皆様、誠に有難うございました。

 

 

代表取締役 吉田