ビアンのカフェ

杉並区、三鷹市、中野区にて認知症対応型グループホームを運営しています。 毎月1回の更新を目標に会社の動きをお伝えします!

カテゴリー: もえぎ西荻北 (1ページ / 2ページ)

もえぎ西荻北 花火大会

もえぎ花火大会を、今年も8月23日に開催いたしました。
今年もたくさんの皆様にご参加頂き、楽しんで頂けたと思います。
地域の夏の行事として親しまれつつありますので、来年もより一層盛り上げていきたいとおもいます。

もえぎ西荻北 金衛

第5回もえぎ西荻北フリーマーケットのお知らせ

来る10月14日(土)、恒例の「もえぎフリーマーケット」を
もえぎ西荻北で開催します。
詳細は下記のチラシをご覧ください。

花火大会のお知らせ
もえぎ西荻北

毎年、恒例の花火大会を開催いたします!

日時 平成29年8月23日(水)

18時30分~19時30分

場所 もえぎ西荻北駐車場

詳しくは、下記パンフレットをご覧下さい。

みなさまのお越しをお待ちしております!!

もえぎ西荻北【花火大会】パンフレットはこちら

 

庭のカルガモさん 29-7-6

菜園ボランティアのHさんが6月に草刈りをしているときに発見。
様子を見守っていましたが、月末の風雨で親鳥が避難?、その間に卵は温度が下がったのではないか、とはHさんのご意見でした。
その後親鳥は戻って再度温めていました。7/2に話を聞いたスタッフが撮影。
無事に孵って元気な雛の姿を見せてください。
もえぎ西荻北 若王子

山吹

もえぎ西荻北へ行ったところ、ボランティアの方がいらしたので畑を案内して頂きました。
恥ずかしながら、野菜の種類をあまり知らない私…勉強になりました。トマト一つとっても、色んな名前があるんですね。大好物の茄子も発見!ちょっとした八百屋さんが出来るのではないかという位、豊富に野菜が植えられていました。
いつも もえぎが花や緑に囲まれているのは、こうしたボランティアの方々のご協力があってこそです。美しいものを見ると、心が安らぎます。皆様、本当にありがとうございます。
そんな中、山吹という花に出会いました。緑に生える美しい色。タンポポとはまた違う、高貴な黄色がとても素敵でした。

本社 木曽

 

サトザクラ 一葉

もえぎ西荻北の玄関先で15年前に植えた桜が、今年も見事な花を咲かせ、
ご入居者、ご家族、職員、近隣の方々はじめ、多くの人の目を楽しませてくれました。
種類を聞かれましたが、八重桜としか分かりません。
植えてくれた造園屋さんに問合せしたところ
早速現地を見て回答してくださいました。
「サトザクラ 一葉」と思われるとのことです。
会長 吉田

八重桜が満開!

もえぎ西荻北を1週間ぶりに訪ねたら、入口の2本の八重桜が満開になっていました。ちょうどご利用者様がベンチに座って花見をされてました。

本社 山田

桜便り 早春

川津桜の開花ニュースに心躍る早春

もえぎ西荻北の八重桜にも春を待つ冬芽たちが…

 

 

杉並区家族介護者教室

 平成25年度 2回目の「杉並区家族介護者教室」を3月25日に開催。今回のテーマは「家族介護者の為の『傾聴の基本』」。22名の参加がありました。PLA後庵先生のお話は分かり易く、グループワークを交えた研修は「傾聴」への理解を実感し、『聴く』意識を持っていただけました。アンケートでは「『聞く』ことばかりで毎日話していた」「相手の話を聴いているつもりなのに上手くいっていないのは、自己中心的に話をきいていると思わせられました」「これから出来るかどうか・・・」「親に対して対応を参考にします」「人の話を聴くことの大切さを知りました」等のご意見が寄せられました。
もえぎ西荻北 若王子

続きを読む

5/3(金)、Sさん田無アトリエへ。


絵と音楽がお好きなSさんの初めての外出支援は歩行状況も考慮し、田無アトリエを選びました(若王子ホーム長のアドバイス)。須永さんが外出準備、13:30居担の久保さんが駐車場まで見送ってくれました。田無は土地勘がなく不安のようで何度も阿佐ヶ谷はどっちかと口にされました。進む方向が逆で心配しましたが、吉祥寺、三鷹は土地勘があり安心されたようでした。三鷹は学生時代(東京農工大)下宿していたと懐かしそうでした。
田無アトリエでは、家内靖子が出迎えました。壁に掛けた絵や置かれた絵を見ながら「油絵ですか?いつごろから描いているんですか?」と質問が相継ぎました。「私も水彩やアクリルをやるんですよ」ピアノの椅子に座って「いいですね、手ごろな広さですね。ここならのびのび弾けるでしょう」「私の親父は音楽家で、女子師範で教えていたので、小さいころから教えられていました」「奥さんも弾かれるんですか?音大ですか?お子さんは何人?皆さんやられるんですか?」と会話が弾みます。居間でお茶とお菓子を召し上がりながら、音楽、絵画に始まり盛岡のこと、農工大のこと、会社時代のこと、お話をしながら終始楽しそうでした。帰る前トイレの場所をお教えすると「それではお借りします」とお使いになられました。
帰りの車では、行きの緊張とは打って変わり和やかで、「すっかりお世話になりました。名刺を頂けますか?」とおっしゃる。15時半頃もえぎ駐車場に到着して名刺をお渡しすると、自分は名刺がないからと小職の手帳にしっかりした字で氏名と阿佐ヶ谷の住所を書いてくださいました。もえぎ建物の上部を指さしながら「今は阿佐ヶ谷には住んでなくて、ここの一番上に住んでいます」とおっしゃっていました。徐々にもえぎがお家になってきているようです。不安と緊張の中に始まった外出支援でしたが、楽しんで頂けた気がします。
                 会長  吉田

1 / 2ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén