ビアンのカフェ

杉並区、三鷹市、中野区にて認知症対応型グループホームを運営しています。 毎月1回の更新を目標に会社の動きをお伝えします!

2 / 8ページ

花火大会のお知らせ
もえぎ西荻北

毎年、恒例の花火大会を開催いたします!

日時 平成29年8月23日(水)

18時30分~19時30分

場所 もえぎ西荻北駐車場

詳しくは、下記パンフレットをご覧下さい。

みなさまのお越しをお待ちしております!!

もえぎ西荻北【花火大会】パンフレットはこちら

 

花火大会のお知らせ
もえぎ三鷹上連雀

毎年、恒例の花火大会を開催します!

日時 8月19日(土)18時30分より

場所 もえぎ三鷹上連雀駐車場

詳しくは下記のパンフレットをご覧下さい。

みなさまのお越しをお待ちしております!!

もえぎ三鷹上連雀【花火大会】パンフレットはこちら

三鷹市介護フェスタ開催中!(7/10~7/14)

三鷹市役所玄関ホールにて、7月10日~7月14日(金)まで、介護フェスタを開催中です。
訪問、居宅、施設、福祉用具に関するパネル展示がございます。
ぜひ三鷹市役所にお立ち寄りの際にはご覧ください!

http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_event/067/067126.html

庭のカルガモさん 29-7-6

菜園ボランティアのHさんが6月に草刈りをしているときに発見。
様子を見守っていましたが、月末の風雨で親鳥が避難?、その間に卵は温度が下がったのではないか、とはHさんのご意見でした。
その後親鳥は戻って再度温めていました。7/2に話を聞いたスタッフが撮影。
無事に孵って元気な雛の姿を見せてください。
もえぎ西荻北 若王子

第8回ビアン・もえぎボウリング大会 29-6-27

6/27、第8回ビアン・もえぎボウリング大会が開催されました。
日頃ホームで見せる真剣な顔つきとはまた違う、スタッフの様々な表情。新たな一面を発見しました。
皆の笑顔が弾けた一夜、早くも次回が楽しみです。
本社 木曽


「記録の書き方・使い方」

 もえぎケア研究会として「記録の書き方・使い方」という研修会を開催しました。
(3月、4月の2回開催)介護記録、活用してますか?? 
という問いかけから始めました。 ただ書いているだけの記録にならないように、
認知症ケアに役立つ記録を書くことも大切なんですよね。

もえぎ三鷹上連雀 小澤

セミナー「認知症になっても安心して暮らすために」

 弊社代表の吉田洋之が「認知症になっても安心して暮らすために」というテーマでセミナーの講師を務めます。
 7月19日(水) 午後1時より荻窪駅前の荻窪タウンセブン8階で開催しますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。参加費は無料です。
 チラシの申し込み先へFAXされるか、株式会社ビアン本社の櫻木までお問い合わせください
(下記のサムネイルをクリックして詳細をご覧ください)

市民フォーラム「『在宅医療』」知っていますか?」に参加して

  中野区の市民フォーラムに、もえぎ中野白鷺の元ご利用者の娘様がパネリストとして登壇されました。タイトルは「実家はグループホーム」です。
 お話は入居前の生活から、グループホームでの新生活(新しい関係作り)、そして看取りにまで及びました。ご利用者様は約8年半、もえぎで生活をされました。
 お話の中で、娘様が「もえぎは母にとってホームと言うよりは自宅」と話されていたことが何より嬉しかったです。
 また、ご家族の立場から「母を知ってもらうのと同じように、私もスタッフを知るようにつとめた」というお話があり感銘を受けた次第です。
 こうしたフォーラムが開催されることで、将来に漠たる不安を抱いている方々の気持ちが少しでも楽になるのではないかと思います。
 主催の「NPO法人なかの里を紡ぐ会」の皆様、また関係機関の皆様に深く感謝申し上げます。
代表取締役 吉田

 

山吹

もえぎ西荻北へ行ったところ、ボランティアの方がいらしたので畑を案内して頂きました。
恥ずかしながら、野菜の種類をあまり知らない私…勉強になりました。トマト一つとっても、色んな名前があるんですね。大好物の茄子も発見!ちょっとした八百屋さんが出来るのではないかという位、豊富に野菜が植えられていました。
いつも もえぎが花や緑に囲まれているのは、こうしたボランティアの方々のご協力があってこそです。美しいものを見ると、心が安らぎます。皆様、本当にありがとうございます。
そんな中、山吹という花に出会いました。緑に生える美しい色。タンポポとはまた違う、高貴な黄色がとても素敵でした。

本社 木曽

 

サトザクラ 一葉

もえぎ西荻北の玄関先で15年前に植えた桜が、今年も見事な花を咲かせ、
ご入居者、ご家族、職員、近隣の方々はじめ、多くの人の目を楽しませてくれました。
種類を聞かれましたが、八重桜としか分かりません。
植えてくれた造園屋さんに問合せしたところ
早速現地を見て回答してくださいました。
「サトザクラ 一葉」と思われるとのことです。
会長 吉田

2 / 8ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén